製茶工程  井村製茶

title01.jpg

井村園でのお茶の摘み取りから製茶して製品になる過程をご紹介します。深蒸し煎茶は蒸し(蒸熱)の工程で仕上がります。蒸しの工程が一番重要であり、お茶の香りや味はほぼこの蒸し工程で決まります。

美味しいお茶ができるまで ~摘み採りから袋詰めまで~

生茶摘み取り

tumi.jpg手摘採された生葉を製茶工場へ運びます。摘み取った茶葉を袋に入れ、発酵を避けるため日光を遮断しながら運びます。
茶葉を摘み取る方法は大きく分けて手摘み、ハサミ摘みがあります。
お茶の葉の鮮度を保つために風を送って蒸し行程を待ちます。
tsumi02.jpg




ya.gif

蒸し(蒸熱)

生葉に蒸気を当てて撹拌(丸胴型)しながら蒸す。(生葉に蒸気を当てる時間を長くして、たっぷりと蒸したのが深蒸し茶)蒸し方は大きく分けて若蒸し(普通蒸し)>深蒸し>特蒸しという感じになります。
お茶の香りや味はほぼこの蒸し工程で決まります。

mushi01.jpg

mushi02.jpg

ya.gif

葉打ち

熱風を当てながら蒸した茶葉の水分を取り除き、粗揉の前揉み行程をしています。

hauchi.jpg

hauchi02.jpg

ya.gif

粗揉

熱風を当てて十分揉みながら乾かす。揉み手がお茶に圧を加えて水分を出していきます。

momi.jpg

momi02.jpg

ya.gif

揉捻

葉の繊維や組織を柔らかくし、茶葉を均一させる。

momi03.jpg

ya.gif

中揉

再度、揉みながら熱風で乾燥させる行程。

momi04.jpg

ya.gif

精揉

形を整えながら乾かし、お茶の形を作る行程。ここでお茶(写真はお茶の形を点検している所です)。

momi05.jpg

momi06.jpg

ya.gif

乾燥

茶葉の水分率を3%~4%位に乾燥させる。

kansou.jpg

kansou02.jpg

ya.gif

荒茶

蒸しから乾燥機をでるまで約4時間かかり、荒茶の重量を計算すると生葉の1/4~1/5(1000kg投入したら200~250kg)になります。
荒茶を大海(紙の袋)に入れて、お茶屋(小売り、問屋)へ送られます。

aracha.jpg

ya.gif

仕上げ

荒茶を仕上げ機にかけます。仕上げ機では粉・大きい茶葉・軽い茶葉・白茎に分別します。最後に火入れ(火入れをすると火入れ香がついて甘い香りになります)をして、小袋(100g、500gなど)に詰め製品になります。

shiage.jpg

titleslineup.jpg

shukamushi.jpg

sbenihuuki.jpg

skoucha.jpg

sgift.jpg

sochaseihin.jpg

side01.jpg

side02.jpg

side03.jpg