井村園の香り緑茶

茶葉を半発酵させた、
花のような香りの
新しい緑茶「香り緑茶」です。

緑茶の製造工程では通常「萎凋(葉をしおれさせる)」と「発酵」は行いませんが、あえてわずかに行うことで、茶葉から甘い花のような香りを引き出したお茶です。
台湾烏龍茶に似ていますが、日本の品種で作り、ほのかな緑色が特徴です。
ゆっくりしたい午後のティータイムや、就寝前のひとときに最適です。中国茶のような茶器で淹れるのがおすすめです。

クチナシのような、
ミルクのような、
甘い香りの香り緑茶。

緑茶用の「さやまかおり」種の茶葉を半発酵させ、台湾の烏龍茶を思わせる、甘いミルクのような香りを実現しました。さやまかおりで作ったので、「さやか」と名付けました。

急須よりも、中国茶のように蓋碗(がいわん)淹れるのがおすすめです。お茶菓子がいらないほど、やさしい甘い香りをたのしむことができます。

また、「さやか」をさらに釜で炒って仕上げた「さやか 釜炒り」も生産しています。
「さやか」よりも香ばしさと深みのある香りをおたのしみいただけます。

さやまかおりは狭山生まれの品種で、萎凋すると強い香りが発揚するのが特徴です。
他の茶葉よりも大きな茶葉が特長です。お湯で大きく開きます。
水色は鮮やかで、白い陶器の茶碗に映える色です。

さやかの楽しみ方

− おいしい淹れ方 −

  1. 急須とカップを熱湯であたためておきます。
  2. 1人分2〜3gの茶葉が適量です。小さじ山盛り1杯が目安です。
  3. 急須の湯を捨て、茶葉を入れます。
  4. 熱湯よりも少し冷ました湯を注ぎます。80〜90℃が目安です。
  5. 2〜3分待ってからお召し上がりください。
  6. 急須のお茶は注ぎきってください。2煎目、3煎目もたのしむことができます。

− 井村園のおすすめ −

  • 緑茶用の急須やティーポットでも淹れられますが、中国茶の茶器の方がおすすめです。
  • 目の細かい茶漉しを使うと、よりきれいな水色をたのしめます。
  • 2煎目、3煎目で香りが微妙に変わりますので、ぜひおたのしみください。

香り緑茶の商品一覧はこちらから