井村園の和紅茶

甘くやさしい香り。
代表作は、べにふうきの和紅茶
「ももか」です。

やぶきたやべにふうきなど、日本で作られた品種の茶葉で作る紅茶は、渋みが出にくく、まろやかな飲み口が特徴です。

井村園は2005年頃からやぶきたの和紅茶づくりをはじめました。また、べにふうきで作る「ももか」は、国内のお茶の品評会で高い評価をいただいています。

桃のような香りが特徴の、
井村園を代表する和紅茶。
希少なべにふうきで作ります。

もともとは緑茶用に植えたべにふうきからできた、桃のようなフルーティな香りを引き出した和紅茶です。

でき上がった和紅茶を飲んでいたら、通りかかった家族が「桃食べてるの?」と勘違いしたことから、「ももか」と名付けました。

ファーストフラッシュやセカンドフラッシュなどの摘採時期や、ロットごとに微妙に異なる香りをたのしんでいただけるよう少量ずつ生産し、紅茶にこだわる方にもご好評をいただいています。

ぜひお試しください。

一番人気商品のプレミアムリーフ(セカンドフラッシュ)
製法毎に仕上げが違い、香りや味が違います。飲み比べてお楽しみください。
価格は620円から選ぶことができます。気軽に飲めるティーバッグもあります

和紅茶 ももかの商品一覧はこちらから

和紅茶 ももかの楽しみ方

− おいしい淹れ方 −

  1. ティーポットに湯を注ぎ、温めておきます。
  2. ティーポットの湯をカップに移し、ティーカップを温めておきます。
  3. 空のティーポットに茶葉を入れます。
  4. ティーカップ1杯分の茶葉は3g。ティースプーン山盛り1杯が目安です。
  5. 茶葉に熱湯(約100℃)を注ぎます。淹れるティーカップの分だけ注ぎましょう(1杯約150ml)。
  6. 2〜3分待ちます。
  7. ティーカップに注ぎ分けてお召し上がりください。
  8. ティーポットのお茶は必ず注ぎ切ってください。ティーカップに注ぎきれない分は、別の容器に取っておきましょう。

− 井村園のおすすめ −

  • ぜひストレートで、香りをおたのしみください。
  • ガラス製のティーポットよりも、陶器のティーポット(急須も可)の方が、香りがよく感じられます。
  • 目の細かい茶漉しを使うと、よりきれいな水色をたのしめます。

和紅茶 ももかの商品一覧はこちらから


甘みのあるやさしい香り。
オーソドックスな和紅茶です。

やぶきたは昔から静岡茶を代表する品種のお茶です。

井村園のやぶきた和紅茶は、オーソドックス製法で飲みやすく仕上げています。和紅茶らしいまろやかな甘みをお楽しみください。

時々少量限定で、いつもとは違う製法で作ることもあります。オンラインショップで発表・販売しますので、お楽しみに。

やぶきた和紅茶は少量しか作りませんので、お早めにどうぞ。
製法毎に仕上げが違い、香りや味が違います。飲み比べてお楽しみください。
自然の甘みがありますので、砂糖無しでいただいてください。

和紅茶 やぶきたの楽しみ方

− おいしい淹れ方 −

  1. ティーポットに湯を注ぎ、温めておきます。
  2. ティーポットの湯をカップに移し、ティーカップを温めておきます。
  3. 空のティーポットに茶葉を入れます。
    ティーカップ1杯分の茶葉は3g。ティースプーン山盛り1杯が目安です。
  4. 茶葉に熱湯(約100℃)を注ぎます。淹れるティーカップの分だけ注ぎましょう(1杯約150ml)。
  5. 2〜3分待ちます。
  6. ティーカップに注ぎ分けてお召し上がりください。
  7. ティーポットのお茶は必ず注ぎ切ってください。ティーカップに注ぎきれない分は、別の容器に取っておきましょう。

− 井村園のおすすめ −

  • 自然な甘みがありますので、砂糖は入れずにお召し上がりください。
  • ガラス製のティーポットよりも、陶器のティーポット(急須も可)の方が、香りがよく感じられます。
  • 目の細かい茶漉しを使うと、よりきれいな水色をたのしめます。
  • クセのないやわらかな香りと味なので、食事にも合います。

和紅茶 やぶきたの商品一覧はこちらから